×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肉体のゲシュタルト崩壊/
Gestaltzerfall of body/ 2017

_________________

塊然の球根、浮動心皮 心臓 天竺大工房の陶磁器

_________________

天竺歴史的瞬間 wink breathingly 揺さぶられる妊婦 breathingly 他律の自立 エクステンション united

_________________

_project_TENJIKU

天竺物語2016 天竺物語2015 天竺物語2013_2014

_________________

●天竺物語公式ウェブベージ
※A new window opens

「他律の自立」/ Independence of the heteronomy

2007
h150×w300×d900(mm) 16ピースの整列/ Standing in line of 16 pieces
エポキシ樹脂

Position of mind is still not elucidated. Position of feeling is also not elucidated. Stimulations from surroundings move your feeling, and your mind would move your body. I have a doubt about that I think I own my body. Then I start questioning about a border of myself and a position of mind in my body. Is my mind in my cells, in my brain, or in my heart? Well, there should not be the ultimate answer to my question. However, I came up with a keyword “coexistence”.Living things’ basic activities are conducted with coexisting body and mind. There should be development in the society, if multi kinds of being living in a box. The keyword “coexistence” always exists in the creation of the earth, in cells, in human societies, or even in neighborhood activities.“coexistence” is a system which exist everywhere on the earth. There is my mind “I” in my body coexisting with a lot kinds of something. “I” am consisted of those coexistences.
意識の位置は解明されていない。心の位置も解明されていない。心を動かすのは外部からの刺激で、体を動かすのは意識である。体を自分の物だと思っている事に疑問を持った。そして、どこまでが自分自身であり、体の中のどこに意識があるのか。という疑問を持った。考えているなかで“共存”というキーワードが浮かんだ。生き物は体と意識とが共存して基本的な行動が成り立っている。他にも、一つの箱の中で多種類の生物が共存することで発展する世界もある。地球が出来たとき、細胞の中、人間社会も、近所付き合いも“共存”というキーワードが存在している。体の中には“私”という意識と、その他多くの多種類の何かが共存していて、“私”が成り立っている。