×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楊 珪宋/Yo Keiso

ceramic art, Installation art
born in 1985, Aichi, Japan.
2003-2007, BFA in contemporary art, Nagoya Zokei University of Art & Design
2007-2009, MFA in Media art, Nagoya Zokei University of Art & Design
When I was 11 years old, I was told that I am descended from Chinese nationality. Since then, it has made me to look at dual sides in all things. From my childhood to the present, I have had a feeling of fear or anxiety towards dying. To live with the feelings, I have been concentrated on making ceramics in the motif of human body. I have also organized the art project ‘Tenjiku’ with a painter, Riku Shitara since 2013, and showing my ceramics with serving foods or drinks at the space like a bar or disco that we created.

1985年愛知県生まれ。小学5年の頃に中国人の血をひいていることを知った ことをきっかけに、すべての物事に対して両側の視点から考えるようになる。 受け入れがたいものや恐ろしいものを受容する行為として、肉体を起点に、主 に陶による作品制作に取り組んでいる。
2013年から画家の設楽陸氏と共にアートプロジェクト「天竺」始動。各地でバー やディスコなどの空間を作り飲食店形式で陶芸作品を発表。

「二足歩行」(gallery アートフェチ/名古屋/2006)
「美術系学生選抜展美系優秀」(春日井文化フォーラム/愛知/2006)
「国際交流展TRANSIT2007 名古屋展」名古屋市政資料館/名古屋/2007)
「国際交流展TRANSIT2007 東京展」(Zokei ギャラリー/東京/2007)
「国際交流展TRANSIT2007 アメリカ展」(Miller gallery/ピッツバーグ/2008)
「楊珪宋展」(春日井文化フォーラム/愛知/2009)
「くうちゅう美術館」(名古屋テレビ塔/愛知/2013)
「天竺酒場」(カフェパルル/名古屋/2014)
「仮想のコミュニティ・アジア黄金町バザール2014」(ハツネウイングD-3/横浜/2014)
「地獄のディスコ天竺-お経remix-」(N-markB1/名古屋/2015)
「AMRフェス」長者町(トランジットビル/名古屋/2015)
「Sky Orver Ⅰ」(アートラボあいち大津橋、アートラボあいち長者町/名古屋/2015)
「楊珪宋展」(横浜市民ギャラリーあざみ野/横浜/2016)
「黄金町レビュー」(site-A gallery/横浜/2016)
「Identity XII ‒ 崇高のための覚書―curated by Taro Amano―」(nca | nichido contemporary art/東京都/2016)
「好喜展」(アートラボあいち大津橋/名古屋/2016)
「made in Koganecho vol.1」(vacant/東京/2017)
「made in Koganecho vol.3」(八番館/横浜/2017)

"nisokuhoko" ,gallery art feti, Nagoya, 2006
"Bikeiyushu" ,Cultural forum Kasugai, Aichi, 2006
"Transit 2007 in Nagoya" Nagoya City Archives, Nagoya,2007
"Transit 2007 in Tokyo" zokei Gallery, Tokyo,2007
"Transit 2007 in America" Miller Gallery, Pittsburgh,2008
"Keiso Yo", Cultural forum, Aichi, 2009
“cloud museum”Nagoya TV Tower, Nagoya, 2013
“Koganecho Bazaar 2014”,hatsune wing D-3, Yokohama, 2014
"bar Tenjiku" cafe parr, cafe parlwr, Nagoya, 2014
“Disco Tenjiku in hell-sutra remix-” N-markB1, Nagoya, 2015
"Sky Orver 1" Art Lab Aichi Otsubashi、Art Lab Aichi Chojamachi, Nagoya, 2015
“Keiso Yo” Yokohama Civic Art Gallery Azamino, Yokohama, 2016
"Koganecho review", site-A gallery, Yokohama, 2016
“Identity XII - Memorandum on Sublime -curated by Taro Amano-” nca | nichido contemporary art, Tokyo, 2016
"Yoshi-yoshi", Art Lab Aichi Otsubashi, Nagoya, 2016
"made in Koganecho vol.1", vacant, Tokyo, 2017
"made in Koganecho vol.3", Hachibankan, Yokohama, 2017




[project "天竺"]
2013-
飲食店型アートプロジェクト「天竺」始動。
天竺へ向かう三蔵法師扮する楊珪宋と、設楽陸、その仲間たちによるアートプロジェクト。
物語「西遊記」の様に様々な場所に出没し、疲れた旅人達の為にディスコ、酒場、カフェなどのユートピアを開業し癒していく。
主に心臓や骸骨をモチーフとした陶器作品で飲食を提供し、空間は旧中国の神話や建築をイメージしている。
『現れては夢のように消えるユートピア』をキーワードに、開業地域の歴史、場所性を取り込む事によって「天竺」のストーリー・空間を造り上げていく。

「私たちは、天竺を目指して旅をしています。 行く先々で、悩める人々のために酒場やディスコなどのユートピアをつくり、共感し、救うことで、天竺までの物語を作り上げていきます。私たちは、仮想の天竺世界を築くことによって、果てしない世界をどこまでも行くことができます。」(keiso yo)